資源リサイクル業務

レアメタルのリサイクル処理・非鉄金属の再資源化分野で、運搬から最終製品化まで一貫したサービスを創業以来提供し続けています。

1993年から早く環境・リサイクル事業に取り組み、中国の経済発展に必要な金属類の供給網の構築に貢献してきた日中交流サービスセンター㈱グループ各社は昭和電工様から委託を受け、上海でアルミジョイントの委託加工をスタートさせ、それ以来培ってきたリサイクルや前処理技術を駆使し、鉱山・製錬事業社様向けの原料を提供してまいりました。

銅アルミなどのベースメタルを基盤に、発生元から近年は、その収集、買い付けなどの商社機能に加え、全国収集運搬資格を保持し排出元からの運搬管理なども含めたサービスを一貫して提供できるまでに成長しました。

近年は資源ビジネスの拠点を東アジアに移し、東アジアを中心にASEAN各国に活動の場を広めています。

非鉄金属について    →HDDデータ破壊について